商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQネットビジネス質問一覧>>自社サイトの存在感を高める方法

現在のPAGE
スペース
FAQネットビジネス
スペース 自社サイトの存在感を高める方法
スペース
質問

酒屋を営んでいます。地域の地ビールを地元だけでなくインターネットで販売しようと思い、ホームページを開設・運営していますが、ホームページのアドレスは検索エンジンに登録したほうが良いと思ったものの、若手の社員から自動で検索されるから心配ない、と聞き、そのままほったらかしになってしまいました。 実際にはお客さんへの配送で忙しく、他の店員から「インターネットはお客様の顔が見えないから・・」と、作ったままであまり関心がないのですが、ホームページを立ち上げた以上は、ある程度存在をアピールしたほうが良いのではないでしょうか?

スペース
答え

ホームページは制作しただけでは、アクセスが限られて効果が出ませんので、存在や特徴をアピールするためにも、検索エンジンへの登録や主要なサイトなどからのリンクを行うなど、継続的な対策が欠かせません。

イラスト インターネットを活用した販売のポイントとして、「ホームページの存在をアピールする」ことが大きなポイントです。ところがホームページを制作しただけで安心してしまい、その後の知名度の向上や存在感を高める方法については、あまり考えていないことが少なくありません。 そのためどんなに個性的な製品やサービスであっても、顧客に伝えていないことから、きわめてもったいない使い方でもあります。特に今は、同じように地域の特産品を取扱っているホームページが増えたため、存在や特徴をアピールする必要が高まりました。

ホームページの認知が不十分な場合、以下のような特徴が見られます。
1)忙しいことや他の業務に優先され、ホームページを開設してから、ほったらかしに近い。
2)後から開設された競合相手の状況を知らない。
3)身近な取引先でも、ホームページを開設したことを知らない。
4)ホームページを開設してからアクセス数が伸びず、問合せも少ない。

自社ホームページの存在感を高めるには、新聞・雑誌やテレビCMなどでホームページのアクセスを促すこともありますが、費用が高額なうえ、全く興味を持たない顧客を対象にしても効果が低いことから、費用対効果の高いホームページをもっと使いこなしていく必要があります。

自社ホームページの存在感を高める方法として、具体的に以下の方法が挙げられます。

1)検索エンジンに登録する
今は自動的に検索を行う検索エンジンが主流となりましたが、それでも Yahoo(http://www.yahoo.co.jp/)など登録型の検索エンジンが残っておりますし、また業界や地域別の窓口となるポータルサイトがありますことから、そうしたサイトに地道に登録を行いますと、反響が異なってくるでしょう。

2)ホームページに誘導するため、リンク先を増やす
地域の商工会や観光協会など、地域の特産品や町おこしを案内しているホームページなどにも登録を行い、リンク先を増やしていくことによって、検索エンジンなどに現れる結果が変わってきますので、地道な取り組みではありますが有効な方法です。

3)ブログを執筆する
個人の日記や身の回りの出来事などを述べた、ブログが流行しています。日本人は日記が人気あり、ブログは世界的な統計で日本語が約4割と最も多い状況となっています。 その一方でブログは個人の用途に限らず、使い方によっては地域の特産品など販売促進の用途にも向いています。
理由として、
1)制作が容易なこと。
2)携帯電話やパソコンから時間があればすぐに更新できること。
3)主流になっている全文検索の検索エンジンと相性が良く、更新がすぐに反映されること。
などといったことがありますことから、「継続は力」と根気はいるものの、活用次第によっては効果が生じることも少なくありません。

4)メールマガジンを発行する
キャンペーンや商品・サービスの紹介など、定期的なメールマガジンの刊行も、ホームページへの誘導に有効です。こちらも継続性が問われますので、地道な努力が欠かせないでしょう。

5)検索エンジン対策を行う
検索エンジンは、自動の全文検索による方式が増えたことから、関連する・来てほしいキーワードによる結果が上位表示されることにより、問合せや売上にストレートに反映されるようになりました。 そのため、ホームページのタイトルや文面などに「来て欲しいキーワードを」をバランスよく配置することによって、より認知されやすいようにするホームページの工夫を行うことも有効です。 ただし、白い背景のホームページ上に白文字でキーワードを列挙するなどの方法は、逆に検索エンジンには表示されない場合が多いですので、注意が必要でしょう。

6)クチコミの活用
食品やサービス・さらには旅館などの宿泊施設では、実際に利用したユーザーからのやクチコミサイトが増えるようになりました。そのため良いクチコミが付くとその後の売行きに大きく影響することから、丁寧な応対・スピーディな発送を心がけるほか、自分のところの評価を常に留意しておくと良いでしょう。

自社のホームページの存在感を高めるためには、費用を要さないで出来る方法は色々とありますが、顧客に見てもらわなければ意味がないこと、またブログやメールマガジンの刊行などは、地道な手間を要しますので、労を惜しまないことがポイントとなります。





>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

情報化

経営革新編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND