商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQネットビジネス質問一覧>>独自性のあるホームページ

現在のPAGE
スペース
FAQネットビジネス
スペース 独自性のあるホームページ
スペース
質問

ネットショップの成功のため、ホームページの中身に独自性が欠かせないとよく言われますが、具体的にはどういうことでしょうか? また独自性を出すため中身を絞り込むと、お客様から「これしか出来ない」と見られる印象を持たれるのではないかと不安ですが、どうなのでしょうか?

スペース
答え

ネットショップはライバルが多数のため、自社の得意分野とその周辺にテーマを絞って特徴をつけていくことが欠かせません。機動性や小回りをかし、大企業が入り込めない分野に目を向け、その中で高いシェアと利益を得られるようにしましょう。

イラスト ネットショップでの独自性は、他社にない商品・サービスのほかに、コンテンツなどによる情報提供が挙げられます。 インターネットは、消費者がパソコンの画面で容易に比較することが可能ですので、ライバルと似た中身では埋もれがちになります。 そのため自社の得意分野などに絞って、特化することが大きなポイントとなります。

より印象に残る絞り込みの方法は、「自社の得意分野とその周辺」に絞ってテーマを掘り下げ、ライバルとの優位性を高めるとよいでしょう。大企業は知名度と資本力をバックに、広く展開することから、特化した範囲内で大企業との優位性を確保し、特徴を持たせることがポイントです。

得意分野とその周辺分野で、必要とされますコンテンツは、
1) 商品の取り揃え
2)商品に関する情報・メリットなど
3)商品の活用方法・関連するコラムなど
の3点がポイントとなりますが、特に大企業では作りにくい「店員からのお勧め」や読みやすいコラム形式などの内容が、共感を呼びやすいでしょう。例えばブログやSNSなどといったような、適度なプライベート感を作っていくことがポイントです。

具体例として、北陸に本社を置くある企業では、マンションのベランダなど狭い場所のガーデニング用品の販売に特化し、ネットショップで成功しました。

特にタイマー内蔵の簡易給水機の人気が出ましたが、要因として
1) 狭い場所で使える給水機は今までなかったため。
2) ガーデニングの人気に伴い、留守中でも植物に水をあげたいニーズに応えたため。
3)北陸では、恵まれた住宅事情や3世代同居が多い地域条件から、エクステリアやガーデニング用品の製造・販売が盛んであり、多様なニーズに応じる必要があるため。

などが挙げられます。
さらには、地域の肉や野菜などの特産品におきましても、産地偽装や食の安全に関する不安からか、知名度やブランドだけでは厳しくなってきました。
生産履歴などのトレサビリティーを確保していくほか、実店舗の名称・店舗の写真などを掲載したうえで、農産物の特産品に関しましては、田畑で実際に栽培している写真や、出荷しているイメージなどがないと信用していただけませんので、注意が必要でしょう。

ポイントとしては、
1) 多様なニーズに柔軟に応じる社内の体制作りを心がけること。
2) 店や担当者の顔・さらには実際の商品などの「見える化」を進めていく。
といったことが重要になります。

またネットショップを運営していて、次第に軌道に乗るようになりますと、規模を大きくして大企業と競争したくなる傾向が見られます。 そのこと自体は否定しませんが、大企業と同じ土俵に立っても資金・人材・販売力・知名度などに差がありますことから、大企業に本格的に攻め込まれると決定的に不利となるのは否めません。
またあまり取扱商品を広げすぎると、他と比較してネットショップの特徴自体が薄れてしまい、自滅してしまうことにもなりかねません。 そのため、中小・零細企業の機動性や小回りが利くことを生かし、大企業にとってはマーケットの規模が小さく、うまく入り込めないようなニッチ(すき間)市場に目を向け、その中で大きな市場シェアと利益を獲得できるようにすると望ましいでしょう。



>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

情報化

経営革新編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND