商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQ情報化>>情報セキュリティの主なポイント

現在のPAGE
スペース
情報化編一覧
■情報セキュリティの主なポイント
スペース
質問

コンピュータは便利ですが、ウイルス感染やデータの流出などが不安です。何か対処方法はあるのでしょうか?

スペース
答え

コンピュータウイルス対策や基本ソフトの不具合などは、常にソフトを最新の状態にして対応することのほか、定期的なデータのバックアップも欠かせません。 利便性が低下し面倒な面もありますが、パスワードは常に設定する・定期的に変更するなどの対処も大きなポイントです。

イラスト コンピュータは便利ですが、メールなどによるウイルス感染でデータを失うことや、情報流出のおそれがあるなど不安定な存在でもあります。 現在ではいくつかのポイントが確立してきましたので、以下のセオリーを守りながら活用していくと良いでしょう。

1) ウイルス対策のソフトを入れ、常に最新の状態にする。
すでに一般的となっているウイルス対策のソフトですが、中には「パソコンの動きが遅くなる」と避け、いまだに入れていない場合も少なくありません。 そのためウイルス対策のソフトを導入し、定期的にインターネットに接続して最新の状態にしておくと望ましいでしょう。

2)OS(基本ソフト)を、常に最新の状態にする。
基本ソフトの不具合によるセキュリティの不備、ということも珍しくありません。そのため常時インターネットに接続している環境にあると危険な場面があるため、自動的にダウンロードを行う時間が長くなりますが、基本ソフトを最新の状態にしておきましょう。

3)急なトラブルでデータが無くなることがあるため、必ずバックアップを取る。
ウイルス感染やパソコンのトラブルなどで、中に保管していたデータが急に無くなる・読めなくなることがありますので、定期的にCDやDVDなどのメディアでバックアップを取りましょう。

4)コンピュータを起動するとき、パスワードを必ず入力する。
データの盗み見や流出などを未然に避けるためにも、コンピュータを起動するときには、パスワードを入力するようにしましょう。

5)パスワードは定期的に変更する。また無造作に紙で貼らない。
ここ近年では会社や店舗などでも、インターネットバンキングによる振込や給与支払が増えてきました。そうしたことから、パソコンやインターネット上で行う各種金融サービスなどのセキュリティも考える必要があります。 具体的には多少面倒ですが、パスワードは例えば1ヶ月ごとに変更する・パソコンのモニタのところにメモでパスワードを張らない・パソコンやインターネットバンキングなど、すべて同じパスワードにしない、などといった事前の対策は欠かせません。

6)オフィスや店舗で第三者が勝手にパソコンを操作されないよう、使わないときや席を離れるときにロックをかける。
常にパソコンが操作できる状況ですと、顧客などが興味を持ってパソコンをいじることがありますことから、電源が入っていてもスクリーンセーバーなどにパスワードをかけ、外部の第三者が勝手にパソコンを閲覧できないよう、留意すると良いでしょう。

7)ファイルの共有は必要最小限とし、平常時は解除しておく。
インターネットの常時接続が、一般的になりつつあります。そのためパソコンが日常的にインターネットに接続されますが、逆に外部から共有しているファイルが丸見えとなるリスクがありますので、共有するファイルなどは最小限にする・もしくは平常時には使わない、といった配慮をしておくと望ましいです。



>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

経営革新編

公的助成編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND