商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQ情報化>>システム会社業態の差異と特徴

現在のPAGE
スペース
情報化編一覧
■システム会社業態の差異と特徴
スペース
質問

システム開発とハードの導入に関し、プログラムを作成・開発する場合のSEの1ヶ月あたり単価など見積を取りながら検討中です。企業の業種・業態がまちまちですが、どういった特徴がありますか?

スペース
答え

メーカーや通信会社・街のコピー会社など様々ですが、「提案して欲しい」・「用途や商品が決まっている」といったニーズのほかに、検討している業者が得意としている分野や実績などをもとに判断していくとよいでしょう。

イラスト 一般的にシステム開発のほかに、コンピュータや通信機器などを扱っているのは、以下の業種業種が挙げられます。

業種及び主な内容
1.コンピュータメーカー
テレビCMなどで知られるコンピュータメーカー本体です。ハードの導入・システム開発が同時に必要か、取引先や元請けなどの必要に迫られて導入する場合に適しています。
<主なポイント>サービス範囲は広いものの、製品などで囲い込まれやすい。

2.メーカー系のシステムインテグレータ
コンピュータメーカーの子会社が一般的です。親会社のノウハウを生かせるため、規模の大きなシステム開発に良いでしょう。
<主なポイント>システム開発や、ソフトのカスタマイズが必要な場合。

3.ユーザー系のシステムインテグレータ
製造・運輸・流通業などに特化している場合が多く、企業の情報システム部などが独立して、ハードやソフトの外販を行う企業を指します。 特定の業界や製品に関する独自のノウハウや、面白いソフトウエアを外販していることから、特定の業界向けの業務管理システム(仕入・販売管理・顧客管理など)や、CADなどの作図・設計ソフトが必要な場合に適しています。
<主なポイント>上記2つは百貨店のようなイメージなら、こちらは専門店。特定の業種や目標がある場合に、問合せを行うと有効。

4.独立系のシステムインテグレータ
メーカーや事業会社などの親会社を持たず、コンピュータ関連で独自に経営している企業です。特定メーカーのしがらみがなく、ハード・ソフトなど、場合に応じて多様な選択肢があります。
<主なポイント>バリエーションの広さが特徴。

5.通信会社
例えばNTTなど通信会社が、ハード・ソフトの販売やシステム開発を行っている場合です。ネットワークと関わりの強いシステムのほか、全国展開のユニバーサルサービスが基本にありますので、きめ細かなサポートやサービスを望む場合に良いでしょう。
<主なポイント>通信機器やコンピュータなど対応の窓口を一本にしたい場合や、全国的なサービスを希望する場合に。

6.コピー機などの販売会社
コピー機などの販売・メンテナンスを行っている会社が、ハード・ソフトなどを扱っている場合です。機器やパッケージソフトが中心ですが、地域に密着したきめ細かなサービスを希望する場合・すでに面識ある担当者と安心して取引したい場合に有効です。
<主なポイント>地域に密着した安心感が特徴。ただし販路によって、取り扱っていない製品がある。

7.商社
総合商社・専門商社などが、ハード・ソフトを販売・開発しているパターンです。会社によりまちまちですが、中には特定のハード・ソフトを指名する場合には、費用・納期などで有利になる場合もあります。
<主なポイント>特定のハード・ソフトなど、価格本位で指名買いする場合などに有効。

8.印刷・デザイン作成会社など
デザイン会社・カタログ・チラシなどの作成会社で、ハードやソフトの販売・システム開発を行う場合もあります。小規模のプログラム開発など、手軽に頼みたい場合に適します。
<主なポイント>日常的に付き合いがあれば、気軽に依頼することが可能。

9.ホームページ制作会社
自社ホームページデザイン・インターネット通販のシステムなど作成したい場合のほか、ハードやソフトを合わせて調達してもらう場合などに適しています。
<主なポイント>ネット通販などで付き合いのある場合に、併せて依頼。

情報通信の成長に伴い、色々な業種・業態の企業がハード・ソフトを取り扱うようになり、その反面「どこを選べば良いか。」悩むようになってきました。 そのため判断基準として、「今後どうすればよいか提案して欲しい。」「ハード・ソフトの要望・仕様が大体決まり、費用や納期などに関心がある場合。」といった場合、ニーズに応じて取り扱う業者が変わってきます。 もう1つのポイントとしては、例えば「販売システムが強い」などといった得意分野のほか、開発実績や技術力に応じて判断していくと良いでしょう。 注意事項として、販売チャネルの関係から特定の商品しかできない場合もあることから、使い分けが悪いと遠回りになりやすいので、留意する必要があります。







>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

経営革新編

公的助成編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND