商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQ情報化>>地域のシステム会社と、全国規模システム業者の違いについて

現在のPAGE
スペース
情報化編一覧
■地域のシステム会社と、全国規模システム業者の違いについて
スペース
質問

コンピュータのハードや、パッケージソフトなどの導入を検討しています。その際に同じようなハード・ソフトでも、いろいろな所で扱っているのがわかりました。 今現在で検討しているのは、少々価格が高くなっても地域に密着しているシステム会社もしくはコンピュータを扱っているコピー機の業者か、見積が安くても担当が入れ替わるおそれのある全国規模のシステム業者のどちらにしようか、考えても結論が出ない状況です。 どのような基準で判断すれば良いのでしょうか?

スペース
答え

どちらも特徴が異なりますので、よく検討したうえで決めるとよいでしょう。一般的にはきめ細かいサポートやサービスを好む場合は地域のシステム会社から、決算末などでハードなどの初期コストを安くしたい場合には、全国規模の会社の支店を選ぶ、などケースバイケースです。

イラスト 特にパソコンやパッケージソフトを導入する場合、同じ製品が異なる商流で扱っていることが少なくありません。そのため、 「なじみのある地元の企業で買うか。」 「先進的なイメージのある、都市部に本社のある全国規模の会社の支店から買うか。」 迷うことも珍しくありません。

そのため、以下のような特徴がありますことから、自社の導入状況・どのくらいサポートを受けたいのか・初めにかけるコストと運用の費用をどうバランスを取るか、見極めていくと望ましいでしょう。

1.地元の企業から導入するケース
地元のシステム会社・電話や通信機などを扱っている会社・コピー機のメンテナンス業者から購入するケースです。
メリット
1. コピー機の業者などの場合には、すでに面識があることから、安心して利用できる。
2.対応や扱いが丁寧で、こちらの実情に合わせてくれる。
3.距離が近いことから、操作方法の質問や故障などの際にも対応が早い。
4.地域経済内でお金が流通することから、地域の活性化にも結びつく。
デメリット
1. ハードやソフトなどをその都度仕入れることから、初期費用が高めになる。
2.扱っていないメーカーなどがあり、調達ルートに制約される場合がある。


2.東京など都市部に本社のある全国規模の会社の支店から導入するケース
都市部に本社がある全国展開の企業から購入するケースです。
メリット
1. 仕入れなどの関係から、初めの初期費用が安くなる。
2.商品の選択肢が増える。
3.先進的なシステムの構築など、技術的なオプションが広い。
デメリット
1. 担当者が異動などで入れ替わることから、今後の対応などに不安が残る。
2.応対やサポートなどで、距離ができやすい。
3.都市部の企業のため、地域経済への恩恵が限られる。

こうしたメリット・デメリットが生じますことから、自社の状況に応じて決めていくのが望ましいでしょう。

各々のパターンで向いている企業のタイプとしては、
◎地元の企業から導入するケース
・ユーザーにビギナーが多く、定期的なサポートやフォローが必要な場合。
・逆に上級ユーザーが多く、定期的なメンテナンスが必要な場合。
・コピー機や通信機器など、導入チャネルを1本にしたい場合。
◎都市部に本社のある全国規模の会社の支店から導入するケース
・決算末に導入するなど、初期費用を安くしたい場合。
・取引先や元請けなどの要請や必要性が高い場合。
といった形で、向き不向きが生じてきますので、注意が必要です。

いずれにしても望ましいのは、同じようなシステム構成でも、必ず相見積を取って「どういう構成だと高い・安い」といった判断基準を設けることで、より効率的な投資ができるようになるでしょう。



>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

経営革新編

公的助成編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND