商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQ情報化>>処理に時間がかかって困る場合

現在のPAGE
スペース
情報化編一覧
■処理に時間がかかって困る場合
スペース
質問

長年会社で使っている、経理・人事・顧客管理の業務システムを使っていますが、処理に時間がかかって役に立ちません。
キーボードでの入力にも反応が遅く、データベースの更新処理の場合には数十分も待たされるのですが、新しいハードに買い替えれば速くなるでしょうか?

スペース
答え

1.処理速度は、単にハードの性能だけではないことから、ソフト・ネットワークなど1つずつ検証することが必要です。
2.使用しているシステムで、利用頻度の低い機能などを極力減らし、マシンの負荷を下げていくと良いでしょう。ソフトの不要な機能は、処理速度を低下させまる大きな要因です。
また業務を見直すなど、システムの入替えありきにならないようにしましょう。

イラスト システムの処理速度はハードの性能だけに限らず、ソフト・ネットワークなど複数の要因が関わっていますので、原因を1つ1つ検証することをお勧めします。
処理が遅い原因が、ソフトのプログラムの場合には、ハードを新しくしてあまり効果がないうえ、投資がムダになってしまうリスクがあります。また、ネットワークが遅い場合には、ハード・ソフトとも、新しく更改した場合にも、処理能力は向上されないでしょう。
合理的かつ効果が出るため、以下のように進めていくと良いでしょう。

1)全体のシステムを検証する。
2)現状の業務をチェックし、システムの持つ機能で、利用度の高いもの・低いものを区別する。
3)ソフトの不要な機能はそれだけ処理速度が低下するため、業務の勘案をしながら、利用度の低い内容は、他の作業方法に切り替えて処理速度を改善する。

開発された業務システムの機能を調査した場合、多くの会社でしばしば利用されるプログラムは、全体の2〜3割程度が多いため、必要なもの・不要なものをチェックして、ハードの性能に負担を及ぼす、不要なプログラムについては、削除・整理することが望ましいです。
ただし、不要なソフトの削除は、別途システムの改修や再構築の必要が出ますので、開発業者と協議したうえで進めていくのが良いでしょう。



>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

経営革新編

公的助成編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND