商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQ情報化>>システムの追加・変更の留意点

現在のPAGE
スペース
情報化編一覧
システムの追加・変更の留意点
スペース
質問

社内で完成したばかりのシステムがあります。業務内容と機能の詰めが甘く、仕様の問題で、例外的な業務に対して、機能追加や変更が必要となりそうです。
後々トラブルにならないよう、追加や変更を行う場合に、どのような点に気をつけれぱよいでしょうか?

スペース
答え

1.完成後の仕様の誤りなどが生じないよう、可能な限り開発会社と共に追加や仕様変更を明確にしていくと良いでしょう。打合せでは議事録を取るようにしましょう。
2.開発中に追加のシステム開発や仕様変更があった場合、費用や期間をより合理的にするためには、1度完成させてから、運用段階で追加的に変更したほうが望ましいでしょう。

イラスト 環境の変化が激しいですので、前よりも柔軟にシステムが追加・変更される必要性が出ています。システム業者との対応では、機能追加や仕様変更が、当初の設計の範囲なのか、まったく新しく対応する機能なのか、明確にする必要があります。 仕様の範囲内ですと費用はかからずに追加されますが、別途追加・変更する場合には、追加費用が生じてくるのが一般的です。
情報システムの追加・変更に関するポイントは、
1)完成後の仕様の誤りなど生じないよう、開発会社と共に追加や仕様変更を明確にしたうえで、新たに要求定義や概要設計書などの文書にまとめます。
2)開発会社に対し、費用・納期に関する追加見積を求めます。
3)機能追加や仕様変更の場合、既に完成しているシステムに対して、処理能力低下のおそれやセキュリティの影響がないかを、合わせて確認する必要が出てきます。
場合によって、ハードや通信機器など、追加の機器増設が必要になり、コストが増加する可能性もありますので、内容が妥当かどうかチェックし、社内で結論が出ない場合は外部の専門家などにチェックしてもらうことも検討すると良いでしょう。

いずれにしても、少なくとも文書で明確にし、発注時点に盛り込むことがポイントです。仮に開発中の段階で、追加の開発や仕様変更があった場合、特に費用や期間が切迫している場合には、1度現行のままで完成させてから、運用段階になって、追加的に変更したほうが、混乱も最小限となって、より望ましいでしょう。



>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

経営革新編

公的助成編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND