商工会 100万会員ネットワーク
スペース
スペース コンパスクラブTOP 商い知っ得情報TOP 地域情報TOPページ
スペース
スペース
現在のPAGE

あきない知っ得情報TOP>>FAQ情報化>>新規にシステム開発/カスタマイズのポイント

現在のPAGE
スペース
情報化編一覧
■新規にシステム開発/カスタマイズのポイント
スペース
質問

大手製造業の工場に部品を納入しています。元請けの受発注システムに合わせるため、市販のパッケージソフトが使えませんので、新規開発か元請けの使っているシステムのカスタマイズか、必要に迫られています。 システム開発に多額の人件費がかかりますことから、失敗が許されませんので、開発やカスタマイズに関して、何かポイントがあるのでしょうか?

スペース
答え

システムの開発やカスタマイズは、人件費を中心に多額のコストと手間がかかることから、品質や仕上がりに関するトラブルが生じやすく、進捗管理と完成時の動作確認を欠かさずに行うと良いでしょう。

イラスト パッケージソフトの導入では、トラブルは業務に合う・合わない、といったことに限られますが、自社に合ったシステムを1から開発することや、ソフトウエアをカスタマイズする場合には、システムそのものが動かない・予算や納期を大幅に超過してしまう、といったことが起こりやすく、注意が必要です。

こうしたトラブルが多発している要因として、
1. 経済情勢が厳しく、十分な開発・テスト期間をかけられない。
2. システム技術者の労働力不足。
3.IT(情報技術)の発展がめざましいため、ベテランの技術が陳腐化・断絶しやすく、プロジェクトの管理能力が低下している。
がありますことから、事前の計画と準備がより重要と言えるでしょう。

システム開発に関する上記のようなトラブルですと、今までは業者の側が無償で修正することが多かったですが、近年は開発期間や人員がタイトなことから訴訟が頻発していますので、注意が必要です。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには
1.スケジュールを作成する
システムの機能別と、発注者の自社側・受注者のシステム業者間の役割別に、2種類の計画と実績を明記したスケジュールを作成し、
・機能設計
・開発
・テスト段階
など進捗状況を把握するため定期的に打合せを行い、遅れている場合には、原因と対策を明確にして、トラブルを未然に防ぐことがポイントです。
2.業者側からの成果物を確認し、きちんと動作するか検証する
発注者のチェックが不十分な場合、「動かないシステム」がそのまま納入されてしまうことがありますので、実際にコンピュータにデータを入れて動かして確認するほか、仕様書やプログラムをチェックする習慣をつけましょう。
 わからない場合には、建物工事などで監理会社に検証を依頼するのと同様に、開発会社とは別の会社やITコーディネータなどに、プロジェクト管理や検証などを依頼すると良いでしょう。



>>その他の質問を見る

スペース スペース
FAQ

経営革新編

公的助成編

公的助成編

今月の施策END
スペーススペース
PICKUP

今月の施策

今月の施策END
スペース
平成23年度版施策知識分野別施策利用情報

分野別施策利用END

スペース
商工会 100万会員ネットワークEND